持続可能な開発目標(SDGs)とは
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちは、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」というSDGsの趣旨に賛同し 、私たちが取り組んでいる分野から持続可能な世界をつくりだすために深く広く真剣に向き合い積極的に貢献していきます。

3-5

私たちは、薬物やアルコールによる障がいへの再発防止などの支援を行います。

4-4 4-5 4-a

私たちは、教育ジェンダー格差を無くし、技術的・職業的なスキルの取得への支援を行います。また、障がいを持っている学生へ学習・経験の場を提供します。

8-5 8-6

私たちは、障がい者を含むすべての方に、安全かつ生産的な雇用およびデーセントワークの実現に取り組みます。また、就労、就学、職業訓練のいずれも行っていない若者に対して就労体験などの場を提供します。

16-2 16-b

私たちは、子供に対する虐待、搾取などの撲滅に協力するとともに、持続可能な開発のための非差別的な法規及び政策を推進・実施します。

17-17

私たちは、教育、医療、福祉などの連携強化を図り、福祉サービスの質の向上を行います。

KIDASHOUKA

PRESENTS BY TRY LIFE

Copyright 2017 TRY LIFE All right reserved.

Tel: 0965-43-9122 | Fax: 0965-43-9120